THYME Physical Coorditioning Academy

膝は構造的に痛めやすい? 

  • facebook
  • twitter
  • line
  • instagram
お問い合わせはこちら ご利用料金・ネット予約はこちら

膝は構造的に痛めやすい? 

膝は構造的に痛めやすい? 

2022/04/24

岐阜市の筋膜専門整体スタジオ「THYME(たいむ)」代表理学療法士の小木曽です。

 

【今日から使える解剖学】

膝に痛みを抱える人は多いです。

膝は荷重関節として体重を支えていることが要因の一つとしてあげられますが、そもそも骨の形(関節の形)が支えるのには不向きです。

人間の関節は基本的に凹凸の関係によって骨同士がはめ込まれています。

この凹凸が骨として安定を作っていますが、膝はこの凹凸がほとんどありません。(全くないわけではありません)

凹凸がほとんど無いこの関節を4つの靭が支えています。

 

・外側側副靭帯

・内側側副靭帯

・前十字靭帯(ACL)

・後十字靭帯(PCL)

 

靭帯にかかる負荷はとても大きく、膝を捻った状態で強い荷重がかかったりすると、簡単に切れてしまいます(スポーツ選手にも多い前十字靭帯:ACL断裂などです)。

また、ACL、PCLのつき方も特殊で、安定する方法、不安定になる方があります。

つまり、そもそお膝は痛めやすい構造になっているわけです。

 

この負荷を軽くするためにできることは、筋力による補強です。

前後左右全方位の筋力をバランスよく整えることで、O脚X脚などの予防にも役立ちます。

 

弱くなっている筋肉、硬い筋肉、短くなっている筋肉、常に力が入っている筋肉、そして筋膜の状態を把握し、それぞれ適切な対応が必要です。

 

坐った状態で、足を動かないように固定して膝を伸ばしたり曲げたりしてみましょう。

坐った状態で足を動かないように固定してつま先を外に向けたり、内に向けたりしてみましょう。

立った状態で足を動かないように固定して脚を開いたり、脚を閉じたりしてみましょう。

立った状態から膝を曲げてしゃがみ込んでみましょう。

より力がいる方向、疲れやすい方向はありませんか? また、膝はまっすぐ前をむいたままにできていますか?

痛みが出る場合は、すぐにその運動(負荷量)は中止しましょう。痛みが出ない範囲で継続的に行えると良いですね。

 

正しい知識とトレーニングをこころがけて筋膜の正常化と健康寿命の延伸を図っていきましょう!

当スタジオでもあなたのかかりつけ理学療法士が肩こり・腰痛、姿勢など様々なおからだの健康相談を承っております。

お気軽にご相談ください!

----------------------------------------------------------------------
THYME Physical Coorditioning Academy
〒500-8189
住所:岐阜県 岐阜市 三番町 17番地 
電話番号 :050-5800-8072


岐阜市で自費リハビリを行っています

岐阜市で筋膜マニピュレーション

岐阜市で不調の予防に努めます

岐阜市でからだのしくみ講座を実施

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。